読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白金プラチナ通り沿いにあるショコラティエ・エリカ

プラチナ通りと名付けられた外苑西通りには、美味しいチョコレート屋さんがあります。白金台が最寄駅ですが、お散歩がてら目黒駅からぶらぶら立ち寄ってみるのも悪くはありません。

エリカには、いろいろなチョコレートが販売されていますが、何といってもオススメは、「マ・ボンヌ」です。マシュマロとクルミがたっぷり入っているこのミルクチョコレートは、舌触りが滑らかで、重量感があって、固過ぎず柔らか過ぎず、癖のない商品です。自分で食べるもよし、手土産にするにはもよし、万能型チョコレートです。友人宅に遊ぶにいくときに良く持参しますが、老若男女とにかく喜んでくれる印象です。

芸能人御用達の有名店ですので、ご存知の方も多いと思いますが、まだ食べたことのない方は、ぜひ一度お試しください。

ただ、このお店には、忘れてはいけない注意点があります。それは、なんと、夏の1か月(8月1日から8月30日)の間が定休日である点です。夏休みに行っても、この美味しいチョコレートを食することはできませんので、ご注意ください。

NTT東日本関東病院

五反田を泉岳寺方面に5分ほど坂を上ると、大きな総合病院があります。

旧名:関東逓信病院、現名:NTT東日本関東病院

もしかすると、その名を聞いたことがない方も多いかもしれません。

実は、品川区と港区の境目に位置するこの病院には、古くからの港区民・品川区民のほか、目黒区民や大田区民にも愛されているのです。

目黒・五反田近辺で、産婦人科の病院を探す場合、日赤広尾や厚生中央病院で迷われる方も多いかもしれませんが、NTTを検討候補に挙げてみてはいかがでしょうか。

御殿山の高級住宅街に佇む雰囲気は悪くありません。

最新医療が提供されていることはもちろん、タニタが展開する食堂を備えております。

駐車場料金も28分100円ですので、都心にしては格安です。

ちなみに、五反田駅からの距離はそれほど遠くないのですが、登坂になりますので億劫と感じる方もいるかもしれません。ただ、この点につきましても、五反田駅から無料の巡回バスが走っていますのでご安心ください。

病院自体は新しくはありませんが、清潔感があり明るい雰囲気です。先生方も優しく親身になってくださる方ばかりです。私自身は第一子の誕生の際、こちらの病院でお世話になりました。

お産は一人ひとりにドラマがあると言いますが、今でも色褪せることなく鮮明に思い出されます。とても感動的な経験になりました。現在も病院に通院する(他の科)たびに、あの素晴らしい日が甦ってきます。

 

ホテル雅叙園東京 ~買収、買収また買収、今はいったい誰のもの~

崖の下にそびえたつ、伝統のホテル雅叙園

目黒駅から徒歩3分ほどの距離にありながら、無料バスが走っています。きっと、下り下りることを躊躇するくらい急勾配な行人坂があるためです。

イメージは‘和’です。ウェディングでも有名な雅叙園ですが、私は3回ほどここの結婚式に出席し、なんと3組とも神前式でした。雰囲気があってなかなかオススメです。当たり前のように教会式が執り行われている昨今、これはなかなか貴重な体験です。

このホテルの一番のお気に入りポイントは、池と鯉です(笑)

1階の廊下と並行する形で流れていて、進んだ先には大きなお庭に大きなお池があります。池にはいっぱい鯉がいて、人に慣れ過ぎているのか、近づいていくと、近づいてきます。室内で見る鯉もまたひとしおです。

そんな雅叙園ですが、その株式はあっちにいったりこっちにいったり。

ファンドの手にわたったかと思えば、不動産会社が買ったり、その後、また外資系ファンドに乗っ取られり。。

伝統のホテルでこうした動きはあまり印象はよくないかもしれませんね。

自然教育園 目黒インター横に広がる白金の大自然

目黒駅から徒歩9分、白金台駅から徒歩7分

首都高速に沿うように広がっている大自然が、自然教育園です。

この園は、一言で行ってしまうと、大きな公園です。とてつもなく大きな公園です。

池や植物園っぽいところもありますが、当然ながら、水族館や動物園ではありません。

しかし、この教育園に入園するには入園料が必要です。高校生までは無料ですが、大学生以上はお金がかかります。その金額、310円です。決して、高いわけではないですが、お金払ってまで公園に行きたくないですよね。すぐ近くにドングリ公園もありますし。。

でも、私は、だからこそお勧めしたいのです。

普通、お金を払ってまで公園に行きたくないです。では、ここにくる人はどのような人なのか。考えてみればわかります。ただの公園に時々いるようなちょっと怖いおじさんやちょっと汚いおじいさんもマナー違反なファミリーも絶対にいません。安心して、子供を自由に歩かせることができます。それだけで十分価値があります。

小さいお子さんを連れてぜひのんびりとお散歩にお出かけくださいな。

TOC 五反田の憩い

TOCをご存知ですか。

TOCは五反田から徒歩15分ほどの距離にあるショッピングセンターです。ショッピングセンターといっても、ラゾーナやイオンのような建物ではなく、ほとんど雑居ビルに近いです。また、駅から歩くと15分ほどかかりますが、安心してください、五反田駅から無料バスが高頻度ででています。8時から20時まで、おおむね8分間隔ででていますので、どのタイミングで行ってもそんなに待つことはないと思います。

TOCの中には、様々なチェーン店がテナントとして入っています。

ユニクロ赤ちゃん本舗、ABCマート、ユザワヤ、100均などです。

土日の混み具合もそれほどではありませんので、お子さん連れの方もそれほどストレスはたまらないでしょう。ただ、駐車場サービスが微妙です。3000円で30分、5000円で60分という設定になっていて、とても時間が短いのです。お買い物&お食事してると、3時間くらいはかかってしまいますので、改善されることをただただ祈るばかりです。

また、どうでもいい情報ですが、上のほうのフロアにある展示場で稀に展開されている怪しげなキャンペーン(「○○ファミリーセール」など)も一見の価値はありです。昭和のバーゲン(※セールではなくバーゲン)を感じることができるでしょう。

目黒区民センター ~かつてボーリング場があった施設~

目黒駅を降りて、権之助坂を5分ほど下って、目黒川沿いにしばらく進むと、緑に囲まれた大きめの施設が現れます。

そこが目黒区民センターです。

この目黒区民センターには、テニスコート、バスケットボールコート、屋外プール、屋内プール、図書館、美術館、などの複数の施設があります。

立ち寄ったことがある方でも、実はこんなに施設が充実したことを、知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ここには、その昔、ボーリング場がありました。昔といっても、平成18年まで存在していましたので、ほんの10年ほど前の話です。

1ゲームあたりの料金が確か200円、貸し靴代が50円、上限3ゲーム遊び倒して650円でした。普通のボーリング場と比較すると格安で、2時間待ち3時間待ちも珍しくはありませんでしたが、少子化の影響か、利用率は徐々に下がっていたようです。

時代の変化にただただ驚くばかりです。

そんなボーリングの横にありますのが、現役バリバリ長さ50メートルの屋外プールです。料金は、なんと200円ぽっきり、さすがの区営です。こんなことをやってるから目黒は財政難なんだ、なんて思ったり思わなかったり。

たまには夏の日差しを一身に浴びて、冷たいプールにぷかぷか浮かびながら、都心の青空を見上げてみるのはいかがでしょうか。きっと、どこか懐かしい気分に浸れるでしょう。

花見の季節が終わり、GWが過ぎ、つらい梅雨を耐えたら、アツイ夏の到来です。

今年の夏は、ぜひ目黒区民センターへ!!

 

心臓破りの坂 ~行人坂~

最近は電動自転車が普及したおかげで、坂や橋を煩わしいとは思わなくなってきてる方もいるのではないでしょうか。

東京には数多くの坂が存在しますが、私の生活圏内で避けて通れないのが「行人坂」という全長150メートル、勾配15.6%の急峻な坂です。勾配15%とは、10m進むと1.5mのぼるということです。

目黒線目黒駅のすぐ脇の三井住友銀行を起点とし、桜咲く目黒川まで続いています。

あまりにもきついので、どうにか楽に上れる手段はないのかを考えてみましたが、迂回するにも再び「権之助坂」という少し緩やかな坂を上るしかありません。この道順は、遠回りになりますので、距離は長くなります。

行人坂はいつも多くの人で行き交っています。みんな覚悟を決めて上りはじめてると、私は勝手な思い込みをしています。息を切らせながら、みんなで上る団結力のようなものを勝手に感じながら坂を上りきるのです。といっても、坂の途中にある神社に寄る素振りをして、実は休んでそうな人を、よく見かけます。

遅い人は後ろの人に譲りながら、早い人は前の人を避けながら。。私はこの150メートルの間に人情を感じることがあります。登っていく人、降りていく人、笑っている人、困っている人、家族団らんの人、下を向いている人、遅く歩いているためなのか分かりませんが、坂道だからこそ気づかせてくれるドラマがあります。

私はこの坂を、これからも愛し、上り下りをするときには、人生と同じように、一歩一歩を大切に歩んでいきたいと思っています。